0

男性にも女性にも葉酸は大切

Posted by yuruyuru-cafe on February 2, 2016 in Uncategorized |

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。 サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。 しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。 もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。 サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。 ですから普段食べる機会の多い肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食事を摂っていたならば、多少は葉酸を摂れていたと思います。 「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。 ですが、男性にも出来る妊活があるんです。 それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。 流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。 特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。 葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。効率的な摂取のタイミングは、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。 通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。 一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。 普通の体温と違って基礎体温は、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大事です。 最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。 ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。周囲の励ましや期待などが負担となったり、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに重積してくるケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが不妊治療には大いに助けになると思います。 お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。 ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。 今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。 ですから、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。 総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって一体どの成分に注目すればよいのか分からないですよね。簡単な判別方法としては、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。   ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で乱れがちな自律神経を正常にするため、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。   インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。軽い運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。 こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。   例えば葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがよく耳にします。 妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。 特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は忘れてはいけません。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いでしょう 例えば、葉酸のサプリならば摂取がそこまで負担にはなりませんので一番簡単な方法だと言えます。 「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。 果物では、イチゴやライチに含有量が多いと発表されています。その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。 葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だと言えますね。 妊活 葉酸

Copyright © 2015-2017 ゆるゆるカフェでボサノヴァを All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com